Top > 活動予定

次回公演は準備中!

【ごま、高原、仲谷、門脇】
「地域とつくる舞台」シリーズ
アイホールがつくる「伊丹の物語」プロジェクト
『さよなら家族』

伊丹市域の方々からいただいた写真やエピソードを手がかりに、伊丹の歴史を紐解きながら、三年をかけて演劇作品を創作する「伊丹の物語」プロジェクト。

最終年となる今年、ついに長編演劇作品『さよなら家族』が完成!

作・演出は、ニュータウンの何気ない光景に『古事記』から着想を得たエピソードを重ねていく独自の作風で注目されている劇作家、ごまのはえ。

女手ひとつで豆腐屋を営む母と、その母の背中を見ながら育った姉弟を主人公に、伊丹の様々な記憶や場所と日本の高度経済成長期における家族の姿が交差していきます。スクリーンに映し出された写真を背景に繰り広げられる、生演奏やパントマイムを織り交ぜた舞台演出もみどころです。

どうぞお楽しみに!

さよなら家族
作・演出

ごまのはえ

出演

高原綾子(ニットキャップシアター)
池川タカキヨ
髙安美帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)
西村貴治
森本研典(劇団太陽族)
日詰千栄
仲谷萌(ニットキャップシアター)
豊島勇士
門脇俊輔(ニットキャップシアター)
黒木夏海

日時

2017年9月8日(金)~10日(日)

9月8日(金)19:00
9月9日(土)13:00★ / 18:00
9月10日(日)11:00 / 15:00

★ごまのはえと写真提供者によるアフタートークを開催
※受付開始は開演45分前、開場は開演の30分前

会場

アイホール

料金

一般 3,000円
65歳以上 1,500円
学生 1,000円
(前売当日共)
※未就学児の入場はご遠慮ください。

ウェブ

アイホール

【ごまのはえ】
花形狂言2017『HANAGATA 忠臣蔵 外伝』

時は18世紀。
長い徳川の治世を通じ、最も安泰と言われた元禄五代目将軍・綱吉公が“我が春”を謳歌した時のおはなし。
慕う主君、浅野内匠頭の仇撃ちと集結した赤穂の旧藩士47名。

大石内蔵助以下47名の吉良家討ち入り事件は今尚語り継がれ、
映画、舞台、テレビドラマ化など「忠臣蔵」を題材とした作品は数知れず。
多くの日本人の心を掴み離さない「忠臣蔵」。
この度、京都は大蔵流・茂山千五郎家の若手・HANAGATAが、
気鋭の劇作家ごまのはえによる新作を引っ提げ、兵庫に討ち入り!

この夏、新たな「忠臣蔵」の幕があがる・・・・

hanagata2017
出演

茂山千五郎
茂山宗彦
茂山茂
茂山逸平
茂山童司

作・演出

ごまのはえ

日時

2017年7月22日(土)12:00- / 15:30-

会場

兵庫・西宮 兵庫県立芸術文化センター 中ホール

入場料

A席¥3,000 / B席¥2,000

ウェブ

お豆腐狂言・茂山千五郎家